歯列矯正 クリアアライナー マウスピース矯正|港区麻布十番 白宝デンタルクリニック


歯列矯正・クリアアライナー

金具を使わないマウスピース矯正
入れ歯・部分入れ歯・精密義歯・チタンの入れ歯
 新しい矯正歯科の「マウスピース矯正」海外では普及している歯列矯正で、金具やワイヤーがなく口の中に傷がつかず食事も楽です。気になる出っ歯やすきっ歯の矯正を目立たずにできます。
  当クリニックでのマウスピース矯正

 新しい矯正「マウスピース矯正」マウスピースを使用するだけで歯列矯正が可能です。金具やワイヤーがない透明な矯正装置を使用することからクリアアライナーともいいます。


 歯列矯正の流れ

1. 診断と治療計画
  矯正治療を始める前には必ず計画を立てます。そのために必要な検査を行い、治療前の状態を記録し、治療中の歯の移動状態を把握するために必要です。
↓
2. 検査の結果を説明します
 実際の歯形や撮影したレントゲン写真などで具体的に説明。例えば、治療に必要な装置、矯正期間、抜歯かどうか、歯列矯正治療に必要な費用などです。
↓
3. 矯正治療の前に虫歯の治療を
 歯列矯正をする前には歯や歯茎の状態を健康に保たなければなりません。ワイヤー矯正、マウスピース矯正、クリアライナー関係なく、虫歯や歯周病、抜歯などが必要な方は矯正治療をする前に治しましょう。
↓
4. 矯正装置の装着
 歯列矯正の前へには準備が必要です。ブラッシング指導などを受け全ての状態が整いましたら矯正装置が入ります。治療の内容には個人差があるため時期や装置を分けて行なうこともあります。
↓
5. 矯正装置の調整
 歯の移動状態に合わせ3〜4週毎に矯正装置の調整をします。歯の移動は個人差があるため1年半から2年半程度です。期間が長いと感じるかもしれませんが、骨の中に埋まっている歯を移動させるにはこれくらいの時間が必要なのです。
↓
6. 歯の移動が終了したらメンテナンス
 歯が予定の位置に移動しても歯列矯正は終了ではありません。移動後は装置を外しますが、放置すると歯が元あった位置に戻ろうとする現象がおこります。いわゆる後戻りです。後戻りを防止するためにメンテナンス装置(保定装置)を装着します。部分矯正、全体矯正関係なくメンテナンスが必要です。
 






東京都港区麻布十番
03−3451−0840

横浜・埼玉方面の方は南北線をご利用ください。


(C) 2009.Hakuho.Dental Clinic All Rights Reserved.
Link Free

歯列矯正・審美歯科・インプラント|白宝デンタルクリニック


インプラント/ホワイトニング/歯科衛生士求人/マウスピース矯正/部分入れ歯/歯科衛生士